ロン2 日本プロ麻雀連盟 ネット麻雀対戦サイト
ようこそロン2ID(メールアドレス):パスワード:
ID・パスワードを記憶する
ホーム 遊び方・ルール 大会情報・優勝者 ランキング プロ雀士ブログ ロン2雑記 何を切る? プロ雀士紹介 ヘルプ
何を切る?

何を切る? 2009/09/22 の出題&解答 集計結果

※画像クリックで別ウィンドウ表示
ダンプ大橋プロの選んだ牌
前局16000を出アガリ、良い感じに親を持ってきたところでこの配牌ですね。

ただ、トップ目に立ったといえ、2着との差は小さく
まだまだ予断は許さないといった感じでしょうか。

ここは北切りでいこうかと思います。

もし、断トツのトップ目に立っているのであれば4索でさらなる大物手を狙う場面かと思います。

ただ、現実はトップ争い中。まだまだ勝負はどちらに転ぶかわかりません。
前局の16000は手順こそ最高ですが、ここまでの打点に伸びたのはたまたま一発と裏ドラが乗ったからで、
三段跳びで言えばホップステップジャンプのホップの部分だと考えます。
ここでいきなりジャンプをしても距離は伸びません。
次のステップを確実に踏んでから大きく跳ぶ事が大事ではないでしょうか。

ここは素直に手なりに打ち、この親番で連荘をする事ができたら、
初めて大きなジャンプ、すなわち大物手を狙っていくべきかと思います。

松崎 良文プロの選んだ牌
トップ目で迎えた東3局、親番の配牌。

私には、4ソー以外の選択肢が思い浮かばない。

煮詰まった終盤ならいざ知らず、無風の初巡であれば、堂々と混一色を狙うべきだろう。

何となくフワッとした気分で切った北や中が重なった瞬間、耐え難い苦痛が全身を襲う。
それだけは避けねばならぬ。

敢えて悪く言えば、競技選手としての凝り固まった手役志向、時代の流れを逆行するかのようなシャンテン数落とし。

然りとて、この打4ソーこそ、麻雀の本質に則った普遍的一打であると私は信じている。

私は、きっと何年経っても、
こうして変わらぬ気持ちで4ソーを切るだろう。
競技選手だから。
集計結果
解答 解答率
61.5%
35.9%
1.1%
0.8%
0.4%
0.1%
0.1%
0.1%
0%
0%
▲ページトップへ
表示:スマートフォン|パソコン


当サイト内の著作物の私的使用その他法律によって明示的に認められる範囲を超える使用を禁止します。
(C) 2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved./(C) 2010 Mahjong Network Service. All rights reserved.